【ソフトバンク】甲斐野が最速152キロ。入来3軍コーチ「モンスター級」

ソフトバンクの甲斐野
ソフトバンクの甲斐野

 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央(22)=東洋大=が25日、福岡・筑後市内のファーム施設で2度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせ23球を投げ、MAX152キロを計時した。

 トラックマンの表示に、ブルペンがざわついた。「ズドン」とミットをたたいた直球は、常時150キロ超え。この時期では“異例”となる球速を連発し、最速159キロの片りんを見せた。

 「ちょっと力んでましたね。もう少し、肘から先がしなれば良かった。悪い自分が出た」と反省したが、周囲は高評価。入来3軍投手コーチは、体力面での課題を口にしつつ「ボールだけ見ると衝撃を受けた。モンスター級。体が強くなったら恐ろしい」と太鼓判。飯田ブルペン捕手も「めっちゃ速かった。(直球が)カットしたり、シュートしたりするけど、ボールが強い。捕りづらいと言うことは、打ちづらいと思う」と証言。直球が動いていたことについて、甲斐野は「動くなら動くで、プラスに考えたい。(速くて動けば)最強じゃないですか」と笑った。

 キャンプA、B組の振り分けは29日の監督・コーチ会議で決定。その前日、28日には工藤監督が新人合同自主トレを視察するが、甲斐野もブルペン入りする予定だ。「アピールポイントを見てもらいたい。持ち味は直球。(視察は)みんな意識していると思うし、僕も負けたくない」とキャンプA組スタートへ意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請