NGT48が休館後、初の新潟劇場公演 支配人が謝罪

スポーツ報知
休館後初めて公演が開かれたNGT48劇場

 女性アイドルグループ「NGT48」が25日、新潟県・NGT48劇場で研究生公演「『PARTYが始まるよ』~研究生の息吹を感じて!~」を行った。劇場は19日から同月24日まで休館しており、6日ぶりの開館となる。22、23日のチームN3の「誇りの丘」公演は中止になっていた。

 約10分遅れで開始された本公演。公演冒頭では新支配人に就任した早川麻依子氏(44)が登場。「この度はファンの皆様はじめ、世間の皆様をお騒がせし申し訳ございませんでした。また山口真帆はじめ、メンバーみんなにたくさんの不安与えて心よりおおわび申し上げます」。同グループメンバー・山口真帆(23)が昨年12月、男性ファン2人に自宅に押しかけられ暴行被害に遭った事件に関する謝罪をした。

 今後の事件への真相究明については「一つ一つ事実確認を行っております。憶測などで何かを申し上げますと、メンバーの将来にかかわるので発言は控えます」とした上で、「私どもが調査いたしますと、先入観が入るので、第三者委員会に全てを委ねたい。人選は済ませ、最終調整に入っております。来週頭には立ち上げを行うと思います」と説明した。調査結果に関しては「皆様に開示いたします」。

 正規メンバーの公演については「状況を見極めつつ、2月をめどに再開できれば」と説明した。

 NGT48は15日、公式サイトで、劇場公演中止と演目変更、劇場を1月24日まで休館することを発表していた。劇場は19日から同月24日まで休館となることも発表された。グッズなどの販売も行っていなかった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請