【DeNA】指導者の罵声や暴言は球界の未来へマイナス…筒香が問題提起

 DeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で「日本の野球界は変わらなければならない」というテーマで記者会見を行い、少年野球の指導者のあり方についても言及。野球人口減を食い止め、若年層の健康を守るためにも、時代に合った指導法に変えるべきだと主張した。

 多くの海外メディアも詰めかけた会見場。筒香は真っすぐ前を向き、語気を強めて言った。

 「今の小さい子供たちの試合や練習に、僕自身も見学に行かせていただきますが、指導者の罵声や暴言が聞こえてきます。子供たちはできないことが当たり前なのに、それに対していらだち、怒っているという現状を僕自身も見てきました」

 どなられた子供たちはミスを恐れ、萎縮し、プレーから快活さは失われる。楽しいはずの野球が嫌なものになってしまう。野球人口が減少する一因になっているのは否めない。筒香は続けた。

 「スポーツマンは対戦チームや仲間に敬意を払い、お互いにリスペクトし合う。指導者と選手の関係も同じ目線、同じ立場で子供たちに歩み寄り、信頼関係が生まれ、子供たちは成長していくと思っています」

 そのためにも指導者は自らの経験を前面に押し出し、子供たちに強制するだけではなく、新たな指導法を模索する必要があるという。

 「今の指導者の方は…全員ではないですが、指導法を見ていると、子供たちに答えを与えすぎる。それでは子供たちが自分で考えて行動する力がつかないと思います。先を読んで行動する、自分で考えて行動するというのは、野球をやっていてもいなくても、必ず必要になること。時代も社会もすごいスピードで変化していく。指導者の方々の頭の中も常にアップデートされ、時代に即した野球指導を行っていく必要があると思います」

 球界の未来に思いを致し、強い口調で問題提起したハマの主砲。球界のトップランナーによる提言は、説得力にあふれたものだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請