「バンドリ!」を世界に ブシロード・木谷高明氏、“トランプ大統領風”赤ネクタイで世界戦略語る

バンドリ!「アニメイトワールドフェア」会見をアピールしたブシロード・木谷取締役(左)と「バンドリ!Poppin’Party」牛込りみ役・西本りみ(C)BanG Dream! Project
バンドリ!「アニメイトワールドフェア」会見をアピールしたブシロード・木谷取締役(左)と「バンドリ!Poppin’Party」牛込りみ役・西本りみ(C)BanG Dream! Project

 アニメ、ゲーム、声優による次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」を展開するブシロードの木谷高明取締役(58)が24日、都内で会見を開き、アニメ専門店のアニメイトとコラボした“世界戦略”を発表した。2月19日から海外も含めたアニメイト全125店舗で同時フェアを開催する。(3月17日まで)

 シリーズの生みの親でもある木谷氏は、真っ赤なネクタイで会見に登壇。その理由について、トランプ米大統領の名前を挙げて会場を和ませつつ、30年前に読んだというトランプ氏の著書から「赤はパワータイっていって、相手を若干威圧する効果があるんです」と説明。「僕は大事な発表会、大事な会見、それから大事なミーティングに赤(ネクタイ)を付けるようにしているんです。めったに付けないんですけど、今日付けてきました」とワールドフェアへの意気込みを明かした。

 そして、アニメイト史上初の全店舗同時フェアに「もちろん『BanG Dream!』が世界に広がるための一つのプロジェクトと思っているけど、それ以上にこのフェアを成功させて、こういった動きが業界全体に広がれば、日本のアニメやゲームが海外に進んでいける。その基盤をアニメイトさんに世界中に作ってもらえれば。覚悟を持って臨んでいます」と熱く語った。

 ブシロードは新日本プロレスの親会社で、木谷氏は同団体の会長を務めていた。現在、業界トップに立つ新日本の“暗黒時代”を払拭したのは木谷氏の戦略によるものでもあった。

 「BanG Dream!」では、昨年、東京・秋葉原をジャックしての大宣伝、プロ野球のパ・リーグ6球団とのコラボ企画など新たな試みでファン層を拡大している。2月21~23日には日本武道館で「3DAYSライブ」を開催するなど木谷氏の手腕に注目だ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請