【日本ハム】ドラ1吉田輝星が初の本格投球も評価は「30点」

柿木蓮(手前)とキャッチボールをする吉田輝星
柿木蓮(手前)とキャッチボールをする吉田輝星

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が24日、千葉・鎌ケ谷の新人合同自主トレで3度目のブルペンに入り、初めて捕手を座らせての本格投球を行った。

 立ち投げの後に捕手を座らせ、カーブ、スライダーを交えて21球を投げ「(ブルペンの)回数重ねるごとに感覚は良くなって来ている。まだ完全ではないですが、だいぶ感覚は戻ってきたなと思います」と手応えを語った。

 ボールを受けた植村ブルペン捕手は「130キロ後半くらい。低めのボールがいい。うちの投手ではいない感じ」と絶賛。だが輝星は、直球がカット気味に変化する「まっスラ」となっていたことを「投げない期間が続くとそういうのは前からあった(体重移動の)動作が1個1個区切られているようなイメージがある。流れに乗り切れていない」と反省した。さらに、この日の直球の出来については「(理想を100として)30(点)くらいですね」と辛口採点していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請