再出場の御嶽海が白鵬に勝利…関脇以下で3横綱撃破は大乃国以来35年ぶり

足を引きずりながら引き揚げる御嶽海(カメラ・矢口 亨)
足を引きずりながら引き揚げる御嶽海(カメラ・矢口 亨)

◆大相撲初場所11日目 ○御嶽海(押し出し)白鵬●(23日・両国国技館)

 左膝負傷からの復帰土俵で横綱・白鵬から白星を挙げた御嶽海は、関脇以下では35年ぶりに一場所で3横綱を撃破した。

 手負いの御嶽海が、無敗の横綱を破った。6日目に左膝付近を負傷し途中休場。横綱との結びが復帰の一番となったが、鋭い立ち合いから一気に押し出した。圧勝に「勝てるとしたらあれしかない」とうなずいた。

 関脇以下で、一場所で3横綱撃破は1984年春場所の大乃国(当時の関脇、後の横綱)以来。大関以下の力士が再出場最初の一番で横綱を倒すのは、51年秋場所で備州山が千代ノ山に勝って以来戦後2人目と、記録ずくめの勝ちとなった。

 自身初のけがでの途中休場。「悔しかったけど、試練だと思って」と、向き合った。あと2勝して勝ち越せば、現在歴代5位タイの12場所連続三役在位も更新できる。「残り4日間取っていく気持ちでいきたい」と、再出発に力をこめた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請