ジョコビッチ、次戦・錦織戦は「タフな試合に」

全豪OP男子シングルス8強
全豪OP男子シングルス8強

◆テニス 全豪オープン第8日 ▽男子シングルス4回戦 錦織3―2カレノブスタ(21日・メルボルン)

 【21日=大和田佳世】男子シングルス世界ランク9位で第8シードの錦織圭(29)=日清食品=が、4回戦で同23位のパブロ・カレノブスタ(27)=スペイン=に0―2から3セットを奪い返し、自身最長となる5時間5分の激戦を制した。4大大会通算10度目の準々決勝進出で、18年全米オープンに続き大坂なおみと日本勢シングルス男女同時8強。23日予定の準々決勝では初の4強入りをかけて14連敗中の天敵、ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=と対戦する。

 22歳のメドベージェフの挑戦を退けた。深夜2時近くになった試合後の会見で報道陣に「残っていてくれてありがとう」と感謝した。錦織の試合経過はチェック済み。「また0―2からマラソンマッチで勝った。おめでとうと言いたい。彼はハードワーカーで素早く動いてくる。何度も対戦して勝っているが、タフな試合になるだろう」と気を引き締めていた。

 ◆22日のテニス放送 8時50分~、16時45分~WOWOWライブで男女シングルス準々決勝を生放送。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。詳細はこちら

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請