伊藤沙恵女流二段、独創的戦型も「うまくいかず」

スポーツ報知
昼食後、胡座をかいて対局する里見女流名人(左)と伊藤沙恵女流二段

◆報知新聞社主催 第45期女流名人戦5番勝負第1局

 神奈川県箱根町の岡田美術館で20日、第1局が行われ、後手の里見香奈女流名人(26)=女流王座、女流王将、倉敷藤花=が挑戦者の伊藤沙恵女流二段(25)に118手で勝ち、10連覇に向けて幸先の良いスタートを切った。左くるぶしを捻挫した状態で大舞台に臨んだ里見女流名人だったが、66分間の長考の末に指した△3二飛からの構想で形勢をグイッ。一手も乱れない完璧な指し回しで完勝した。第2局は27日、島根県出雲市で行われる。

 箱根の山は今年も険しかった。昨期の女流名人戦初挑戦は3戦全敗でストレート負け。初戦を制したい伊藤は、今月3日放送のインターネットテレビの早指し企画「女流AbemaTVトーナメント」で里見を破って優勝した対局と同じ序盤をアレンジした独創的な戦型を選択したが、あっさりはね返された。

 「指してみたい形でした」と狙い通りだったが「こちらの玉が(防御が)薄いので、気を使いながらの苦労が多い将棋。それは承知でしたが、あまりうまくいかなかった」と無念の表情。里見が66分の長考で繰り出した△3二飛の意外性にも「気の強い手を指されやすいと思っていたんですが…」と幻惑されたことを認めた。

 待望の本棋戦5番勝負の初白星はお預け。「次戦も全力を尽くすだけ」。アウェーの出雲でタイに持ち込んでみせる。(筒井 政也)

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×