陛下「稀勢の里は今後どうされるのですか」

大相撲初場所を観戦される天皇、皇后両陛下(後ろは八角理事長)
大相撲初場所を観戦される天皇、皇后両陛下(後ろは八角理事長)

◆大相撲初場所 8日目(20日・両国国技館)

 平成最後の天覧相撲に満員御礼の両国国技館が沸いた。2年ぶりに天皇、皇后両陛下が観戦された結びの一番で、横綱・白鵬(33)=宮城野=が、前頭5枚目・碧山(32)=春日野=を下手出し投げで破った。2007年夏場所後の横綱昇進以降、天覧相撲は6戦全勝。一人横綱の意地と責任感で唯一の中日勝ち越しを決め、「平成」に愛された大横綱が自身42度目の賜杯へ独走態勢を築き始めた。

 平成最後の天覧相撲は午後5時に両陛下がお席に着くと、約1分間の拍手で迎えられた。説明役を務めた八角理事長(元横綱・北勝海)は陛下から「まず(招待してくれて)ありがとう。お元気でしたか」と声をかけられた。

 ギラン・バレー症候群を克服して、昨年の九州場所から復帰した幕内格行司の式守与之吉について、皇后陛下から「大丈夫ですか」と声をかけられ、理事長は「病気のことやけがをした力士のことまで心配してくれている」と感激。「無事に復帰しています」と答えた。

 「稀勢の里は今後、どうされるのですか」とのご質問には「荒磯を襲名しまして、今年中に断髪式を行い部屋を興す予定です」と説明。両陛下は結びの一番の後の弓取り式までご覧になり、最後は約1万1000人の万歳三唱に見送られて国技館を後にした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請