白鵬を支えてきた天皇陛下からの書簡

8戦全勝で勝ち越しを決めた白鵬は満足気に引き上げる
8戦全勝で勝ち越しを決めた白鵬は満足気に引き上げる

◆大相撲初場所8日目(20日、両国国技館)

 2年ぶりに天皇、皇后両陛下が観戦された平成最後の天覧相撲の結びで、横綱・白鵬(33)=宮城野=が前頭5枚目・碧山(32)=春日野=を下手出し投げで破った。白鵬は2007年夏場所後の横綱昇進以降、天覧相撲は6戦全勝。46度目の中日勝ち越しを決めて単独トップを守った。

 取組終了後、天覧相撲について聞かれた白鵬は「頂いた手紙があるから頑張れている」と、2010年に陛下から贈られた書簡への感謝を口にした。同年名古屋場所で白鵬は優勝したが、角界は野球賭博問題で揺れていたため、協会が賜杯を辞退。賜杯なきVに、白鵬は優勝インタビューで涙した。悔し涙を流した場所後、陛下から激励の書簡が届いた。「おねぎらいとお祝い」という言葉の入った文面で「本当にうれしかった」と振り返る。

 その後、けがなども増えて苦しい経験もしてきたが「何度か見ています」と、苦境に立ったときに心のよりどころとしてきた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請