馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【アメリカJCC】有馬記念7着のサクラアンプルールは5着 蛯名「ペースが遅くて密集して…」

5着のサクラアンプルール(カメラ・池内 雅彦)
5着のサクラアンプルール(カメラ・池内 雅彦)

◆第60回アメリカジョッキークラブカップ・G2(1月20日・芝2200メートル、中山競馬場、良)

 11頭によって争われ、石橋脩騎手が騎乗した7番人気のシャケトラ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎、父マンハッタンカフェ)が好位から抜け出し、猛追した1番人気のフィエールマン(クリストフ・ルメール騎手)を頭差で抑えて優勝。2017年の有馬記念(6着)以来となった復帰レースで、重賞2勝目をマークした。手綱を執った石橋脩騎手は、予定されていた戸崎圭太騎手がインフルエンザのため、騎手変更となっていた。勝ち時計は2分13秒7。

 3着には5番人気のメートルダール(オイシン・マーフィー騎手)が入った。

 蛯名騎手(サクラアンプルール=5着)「流れに乗って内に入れたらいいなと思ったけど、入れてもらえなかった。ペースが遅くて密集してしまったから…」

 北村友騎手(ダンビュライト=6着)「ゲートは我慢したし、いいポジションでできた。ただ、ピリッとした脚が使えなかった」

 三浦騎手(ショウナンバッハ=7着)「ペースが遅かった。馬場が掘れていたのも気にして、伸び切れなかった」

 内田騎手(ステイインシアトル=8着)「いいスピードがある。今回は休み明けというのもあるし、次は変わってくると思う」

 柴田大騎手(マイネルミラノ=9着)「頑張っている。衰えはない。馬場が渋るとか助けがあれば、走れるかもしれない」

 北村宏騎手(ミライヘノツバサ=10着)「リズムは良かった。ペースが遅かったので3コーナーから促して行ったけど、抵抗できなかった。ただ、体の動きは良く感じた」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請