【鹿島】内田篤人新主将、全タイトル奪取宣言「4つ取りたい」

ACL優勝記念イベントを行った(手前左から)内田、三竿ら鹿島イレブン
ACL優勝記念イベントを行った(手前左から)内田、三竿ら鹿島イレブン

 鹿島の元日本代表DF内田篤人(30)がチームの新主将を務めることが19日、明らかになった。

 チームは昨年のACL優勝記念パレードと報告会を鹿嶋市内で開催。鹿島神宮で行われた必勝祈願中、宮司の祝詞で「キャプテンの内田…」と読み上げられて判明。08年から主将を務め、昨季限りで現役を引退した元日本代表MF小笠原満男氏(39)の魂を継承し、チームでは5代目、自身初の主将に。「今季も1つ2つ3つ4つ取りたい」とリーグ奪還、ACL連覇を含む全タイトルを獲得を狙う。

 また、小笠原氏は引退後初めてファンにあいさつ。「皆さんでもっと強いアントラーズを作り上げていきましょう」と呼びかけた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請