和気慎吾リベンジ「年内世界王者」

6回TKO勝ちして喜ぶ和気
6回TKO勝ちして喜ぶ和気

◆報知新聞社後援 プロボクシング・ダイネミックグローブ ▽10回戦 ○和気慎吾(6回2分20秒TKO)中嶋孝文●(19日、東京・後楽園ホール、観衆1731)

 前日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(31)=FLARE山上=が、リベンジに成功した。元日本同級王者・中嶋孝文(34)=竹原慎二&畑山隆則=に6回2分20秒でTKO勝ち。2012年5月に敗れた相手に雪辱を果たすとともに16年7月以来2度目の世界挑戦を目指す。和気の戦績は26勝(18KO)5敗2分け、中嶋は29勝(13KO)12敗1分け。

 和気が成長を示した。序盤から打撃戦を繰り広げながらも、2回に左アッパーを当てるなど的確さでリード。徐々にダメージを与え、6回に左アッパーでダウンを奪った。再開直後にラッシュを浴びせ、左ストレートで尻もちをつかせてTKO勝ち。「リベンジして過去に区切りをつけた。試合を受けてくれて感謝している」と語った。

 この日はWBCのロゴ入りバンテージを使用。「めちゃめちゃ意味がある。欲を言えばやりたい」と、WBC正規王者・バルガス(メキシコ)と暫定王者・亀田和毅(協栄)を標的に。昨年11月に日本王座を返上し「もう今は、確実に世界しか見えていない。年内に必ず世界王者になる」と夢をつかみにいく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請