「SUPER BEAVER」ドラム藤原“30才”広明 体調不良で公演を欠席

 4人組ロックバンド「SUPER BEAVER」は18日、公式ホームページでドラムの藤原“30才”広明(30)が体調不良で今月19日の横浜アリーナ、20日の神戸ワールド記念ホールの両日の公演を休むことを発表した。

 ホームページで「SUPER BEAVERドラム藤原”30才”広明に関するお知らせ」と題し「いつもSUPER BEAVERを応援して下さっている皆様へご報告がございます。SUPER BEAVERのドラム藤原”30才”広明が先日から体調不良を訴え、自宅療養しておりました。現時点では体調も回復に向かっておりますが、万全な状態で演奏をすることが出来ないため、大事をとらせて頂きます」と報告した。

 その上で「1月19日(土)横浜アリーナ「ALL LIVE NIPPON2019」1月20日(日)神戸ワールド記念ホール「MUSIC ZOO WORLD」上記2公演につきましては、サポートドラマーにcoldrain Dr.Katsuma氏を迎えての出演とさせていただきます」と代役を立てて公演を行うことを発表した。

 さらに「皆様には大変申し訳ありませんがご理解頂けると幸いです。

尚、藤原の出演キャンセルに伴うチケットの払い戻しは致しません。ご了承ください。今後の予定している活動に関しましては、改めてご案内させて頂きます。応援して下さっている皆様、ご関係者様の方々には多大なるご心配とご迷惑をお掛け致します事をこの場を持って深くお詫び申し上げます。何卒ご理解の程、よろしくお願い致します」と謝罪していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請