「V6井ノ原快彦×上戸彩」初共演…3月フジ系ドラマで戦時中の夫婦役

夫婦を演じる井ノ原快彦と上戸彩
夫婦を演じる井ノ原快彦と上戸彩

 V6の井ノ原快彦(42)が、3月26日放送のフジテレビ系特別ドラマ「僕が笑うと」(放送時間未定)で上戸彩(33)と初共演することが17日、分かった。夫婦を演じる。

 舞台は戦時中の大阪。井ノ原が演じるのは、植物研究家で大学助教授の鈴木重三郎、上戸は妻の聖子役だ。聖子は体調の問題で医師から妊娠は厳しいと伝えられているが、母になる夢を諦めきれず児童養護施設から5人を養子に引き取る。血のつながりを超えた家族が戦時中の困難に立ち向かう。

 上戸との夫婦役について井ノ原は「頼もしくて優しくて、自分のお母さんみたいに見える時があった(笑い)」。上戸も「タイトルのように井ノ原さんの笑顔がすごく印象的」と仲むつまじくコメント。お互い育児中の身だけに、関係者によるとカメラが回っていないところでも子供が2人になつき、本物の家族のようだったという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請