【晴山由梨きょうも釣り日和】走水沖でいきなり32センチの“ブランド魚”走水アジ

由梨ちゃんが釣った32センチの良型アジ(関義丸で)
由梨ちゃんが釣った32センチの良型アジ(関義丸で)
30センチオーバーのアジ。速い潮にもまれてスタイルも抜群だ
30センチオーバーのアジ。速い潮にもまれてスタイルも抜群だ

 釣りガールの晴山由梨が、東京湾のブランド魚、走水アジを狙った。横須賀・走水港の報知指定・関義丸の乗合船で走水沖へ。ここで釣れるアジは、流れの速い潮にもまれ、身が締まっていながらも脂が乗り、絶品の味を誇る東京湾屈指のブランド魚だ。取材当日は風速15メートルを超す猛烈な北風の中、マダイやヒラメなどの高級ゲストは交じらなかったものの、32センチのアジに出会えた由梨ちゃんは大満足だった。

 年が明けて1回目の連載。今年は大好きなアジ釣りからスタートです。東京湾でも屈指のブランド魚、走水アジを狙いに行ってきました。私はブランド物の服やバッグ、財布にはあまり興味はないけれど、ブランド魚は大好き、大好物です。速い潮の流れにもまれ、餌をたっぷり食べた走水沖のアジは大型で、脂乗りがよく絶品。釣り人には非常に人気のある釣り物です。

 出船前に準備をしていると、「アジ以外の魚が食ってくることもあるから、ハリスは太い方がいいよ」と関口道義船長がアドバイスしてくれました。詳しく聞くと、ゲストでヒラメやマダイが釣れることもあるとか。新年1回目ですし、マダイが釣れたら縁起がいいかも♪ そのため仕掛けはハリス3号、ハリは11号のものを選びました。潮の流れが速いので、ビシは重めの130号を使用します。

 最初に着いたポイントは走水沖水深70メートル。「底から2~3メートル上げて待っていて下さい」と関口船長からアナウンスがありました。しかし、この日の海は荒れ模様。北風が15メートル以上吹いています。風が強いので、仕掛けは扱いやすさ重視で2本バリ。ビシにイワシミンチを詰め、ハリにはイカタンを付けて、仕掛けを落としていきます。アナウンス通りコマセをまき、底から2メートル上で待っていると、さっそくグングンと竿先を引き込むアタリ。リールを巻いている間もいい引きをしてくれます。

 水面に姿を見せたのは、32センチの大型アジ。1投目からこんないい型が釣れるなんて、幸先のいいスタートです その後も釣れるのは良型ばかり。丸々して見るからにおいしそうなアジばかりです。気がつけば、クーラーボックスはキラキラのアジでいっぱいに。あいにくマダイやヒラメなどの高級ゲストは釣れなかったけど、2019年いいスタートが切れました。今年もいろんな魚を釣るぞー!(晴山 由梨)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり)鳥取市生まれ。広島大教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「18日からのジャパンフィッシングショー2019では、ダイワのブースなどにいます。見かけたら声をかけてくださいね。このほかのイベント出演などはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

 ◆めも アジ釣りの近況、乗合船は、走水港関義丸(TEL046・841・7154)。乗合船は午前7時30分と午後1時に出船。料金はイカ餌、氷付きで半日6000円(女性、小学生5000円)。一日通しで乗る場合は9000円(同8000円)。青イソメ餌は1パック200円。レンタルタックル、有料駐車場あり。京浜急行・馬堀海岸駅に送迎がある。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 勝浦港勝丸(TEL0470・73・0483)リレー船

 保田港弥生丸(TEL0470・55・0747)

 羽田伝寿丸(TEL03・3744・5266)

 金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)。希望があれば出船

由梨ちゃんが釣った32センチの良型アジ(関義丸で)
30センチオーバーのアジ。速い潮にもまれてスタイルも抜群だ
すべての写真を見る 2枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請