平成最後の芥川賞は上田岳弘さん&町屋良平さん…落選・古市憲寿さん「がーーーーーん」

古市憲寿氏
古市憲寿氏

 第160回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、都内で開かれ、平成最後の芥川賞は上田岳弘さん(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と町屋良平さん(35)の「1R1分34秒」(新潮11月号)がダブル受賞した。直木賞は真藤順丈さん(41)の「宝島」(講談社)に決まった。

 初の芥川賞候補入りで話題を呼んだ、社会学者・古市憲寿さん(34)の「平成くん、さようなら」は受賞ならず。発表直後にはツイッターで「がーーーーーん」とつぶやき、有り余るショックを表現した。

 選考委員の作家・奥泉光さん(62)は「古市さんは、(選考委員の)9人のなかで私だけが△をつけた(評価した)」と明かし「架空の日本での安楽死が描かれているが、批評性があるかどうかで他の委員から評価がなかった」と講評。上田さんの小説を「大きな世界観と日常の出来事をつなげる手際がうまい」、町屋さんの作品を「徹底して描く筆の迫力が一番評価された」とし、9人による1回目の投票で「平成くん、さようなら」は落選したと述べた。

 贈呈式は2月下旬に都内で開かれる。賞金は各100万円。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請