【広島】移籍の菊池保が新愛称公募?「キクだとカブる」高校時代はヤス

練習後、笑顔を見せる広島・菊池保
練習後、笑顔を見せる広島・菊池保

 広島選手会の合同自主トレが15日、広島・廿日市市の大野練習場で始まり、楽天から移籍した菊池保則投手(29)も参加。キャッチボールなどをこなして赤ヘル軍団の第一歩を示した。

 同じ茨城出身の会沢に「大子(だいご=同県北西部の町)のスーパースター」とイジられて苦笑い。「会沢さんからしゃべってくれて、話しやすかった。『ごはんでも行こうか』と話していただいた。でも、初めての人しかいないので顔と名前を覚えるので精いっぱい」と冷や汗を流していた。

 この日の合同自主トレには参加しなかったが、チームには同姓で同学年の菊池涼介内野手(28)がいる。菊池涼の愛称は「キク」だが、菊池保も楽天時代は「キク」と呼ばれていた。ニューカマーは「キクでカブってますからね。高校(常磐大高)時代は『ヤス』と呼ばれることが多かった。何でも呼びやすいのでいいです。分かりやすいのがあれば」と報道陣に広島での新ニックネームを公募していた!?

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請