馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 函館

【アメリカJCC展望】昨年の菊花賞馬フィエールマンが始動

AJCCの登録馬。*騎手は想定
AJCCの登録馬。*騎手は想定

 第60回アメリカJCC・G2が1月20日、中山競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

 デビュー4戦目で菊花賞を制したフィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)の復帰戦。年明けに発熱し、一日だけ馬場入りを見送ったが、1週前追い切りの素晴らしいアクションを見る限り、影響はなさそうだ。中山に勝ち星(山藤賞)があり、小回り、急坂も不安なし。G1馬にふさわしい2019年の始動を決めなければいけない。

 葉牡丹賞、京成杯、セントライト記念を勝ち、皐月賞3着と中山コースは全く崩れていないジェネラーレウーノ(牡4歳、美浦・矢野英一厩舎)。スローで逃げた菊花賞(9着)は差し勢に屈したが、得意の舞台なら即反撃がある。パワフルな好馬体で、まだ伸びしろは大きそうだ。

 後方に構えた有馬記念で直線よく伸びて7着に突っ込んだサクラアンプルール(牡8歳、美浦・金成貴史厩舎)。中山記念2、4着もあり、このコースはスムーズに走る。明け8歳でも衰えはなく、自分の力を出し切れば上位争いに加わってくる。

 昨年の覇者ダンビュライト(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は発走除外となった天皇賞・秋からチャレンジCに転じて4着。叩いての上積みもありそうで連覇の可能性は当然ある。

 一昨年の有馬記念(6着)以来となるシャケトラ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、能力は確かだが仕上がりに注意。中日新聞杯で鼻差2着のショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、鳴尾記念1着、新潟大賞典2着のステイインシアトル(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)、地力は引けをとらないメートルダール(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)、昨年3着馬マイネルミラノ(牡9歳、美浦・相沢郁厩舎)、一昨年のAJCC3着、日経賞2着と中山の中距離がベスト条件のミライヘノツバサ(牡6歳、美浦・伊藤大士厩舎)などもエントリー。(大上 賢一郎)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請