林遣都、市原悦子さん悼む「そばで過ごした時間はこの先もずっと僕の宝物」

映画「しゃぼん玉」で共演した林遣都と市原悦子さん
映画「しゃぼん玉」で共演した林遣都と市原悦子さん
市原悦子さん
市原悦子さん

 心不全のため12日に82歳で亡くなった女優の市原悦子さんが最後に出演した映画「しゃぼん玉」(2017年公開)で共演した俳優・林遣都(28)が14日、市原さんを悼んだ。

 林は「療養中とお聞きしておりましたが、突然の訃報にとてもびっくりしております。俳優という仕事を志す上で必要な覚悟、重み、面白み、そして、演じることの厳しさなど、沢山のことを教えてくださいました。短い期間でしたが、市原さんのそばで過ごした時間は、今もこの先もずっと僕の宝物です。一緒に過ごせた貴重な時間に感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます」とのコメントを発表した。

 また、同作の脚本を手掛けメガホンも執った東伸児監督も「本当に残念でなりません。市原さんは、上品で気さくで、スタッフや地元(宮崎県椎葉村)の皆さんとも気軽に話しながらも、どこか孤高の人でした。たぶん、僕らには見えてない景色を、市原さんは見ているんだろうなあ、と感じていました。それを一生懸命探るのが、僕の現場での日々でした。どんな芝居がでてくるのか、楽しみでもあり、怖くもありました。映画をご一緒させてもらったことを、大切にしていこうと思います。心よりお悔み申し上げます」とのコメントを寄せた。

 「しゃぼん玉」は作家・乃南アサ氏の原作小説を映画化。林は親の愛情を知らずに育ち、犯罪を重ねる青年・伊豆見翔人役を演じた。市原さんは逃亡中の伊豆見に助けられた老女を演じた。

映画「しゃぼん玉」で共演した林遣都と市原悦子さん
市原悦子さん
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請