海老蔵の團十郎襲名に燃えた!?中村児太郎「歌舞伎界の戦力になりたい」

舞台あいさつに出席した中村米吉と中村児太郎(左)
舞台あいさつに出席した中村米吉と中村児太郎(左)

 歌舞伎俳優・中村米吉(25)と歌舞伎俳優・中村児太郎(25)が14日、東京・東劇でシネマ歌舞伎「沓手鳥孤城落月/楊貴妃(ほととぎすこじょうのらくげつ/ようきひ)」の公開記念舞台あいさつに出席した。

 シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台を撮影し、それを映画館で楽しむ新しい映像作品。シネマ歌舞伎ならではの演出について、米吉は「舞台では場面を転換する時、幕を閉じる、暗転する、舞台を回転させるといったことをしないといけないが、映画ではすぐに次の場面に行って、カットに臨場感がある。人物像が近くに感じられる」と話した。

 この日は、来年5月から東京・歌舞伎座で11代目市川海老蔵(41)改め、13代目市川團十郎白猿の襲名披露興行を行うことが発表された。児太郎は「ニュースでもありましたが、團十郎襲名があり、歌舞伎界にとって新しいことや、明るいニュースがこれからもある。自分たちも歌舞伎界の戦力になりたい」と力を込めた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請