AKS、山口真帆の暴行事件に「メンバーの中に違法な行為をしたものはいない」 NGT48劇場支配人は異動 

山口真帆
山口真帆

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月、男性ファン2人から自宅に押しかけられ暴行された事件について、グループを運営するAKSは14日未明、吉成夏子社長、運営責任者の連名で公式サイトを更新し、一連の騒動について報告。NGT48の運営体制について、グループの運営責任者・NGT48劇場の今村悦朗支配人が異動により退任。早川麻依子新支配人、岡田剛副支配人の新体制を発表した。

 山口に関わる一連の騒動について、ファンやメンバーに詫(わ)び、経緯と今後の対応について説明した。

 メンバーが容疑者に山口の帰宅時間を伝えたとの関連性について、「メンバーが今回の件に関与していたかどうかという点に関し、改めて新潟警察署より、送致をした人物はファンを名乗る犯人2名のみです、一般的には共犯者と確認できれば送致をします、とのご連絡をいただきました。仮に、NGT48のメンバーの中に違法な行為をしたものがいたのであれば、加害者たちと同じように送致されるはずですが、今回、メンバーは誰も送致されておりません。したがいまして、当社としては、メンバーの中に違法な行為をしたものはいない、と考えております」とメンバーの中に違法行為を行ったものはいないとの見解を示した。

 今後については「今後、違法ではないものの、メンバーとして不適切な言動がなかったか、今回の件の真相究明のため、弁護士や有識者等の専門家による第三者委員会による調査を実施いたします」とした。

 早川氏は「この度は、ファンの皆様を始め、様々な方にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。まだ私は全ての事情を把握している訳ではありませんおで、まずは早急に山口真帆を始めメンバー1人1人としっかり話をし、事態の収拾に努めて参ります」と記した。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請