【オリックス】増井浩俊「40セーブ王・40歳守護神・名球会」の3大公約を宣言

キャッチボールをするオリックス・増井浩俊
キャッチボールをするオリックス・増井浩俊

 オリックスの増井浩俊投手(34)が13日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを公開した。「40セーブでセーブ王」「40歳クローザー」「名球会入り」の3大公約を掲げた。

 守護神の口から頼もしい言葉が次々と飛び出した。真っ先に挙げたのが自身初のセーブ王奪取。日本ハムからFA移籍1年目の昨季は35セーブを記録したが、ソフトバンクの森に2差でタイトルを譲った。「40(セーブを)とって、今年こそ取りたい」と気合をみなぎらせた。

 プロ入り当初に目標に設定した10年目を迎え、芽生えた思いもある。今季35歳のシーズンに臨むが「年々、体が大きくなっている。がむしゃらに投げなくても150キロを出せるようになった」と進化を実感。「20代の頃と変わらず、衰えを感じていない。40歳まで(抑えをしたい)と思うようになりました」。実現すれば残り105セーブの名球会入りも現実味を帯びる。

 「今年で500試合登板(残り35試合)と150セーブをクリアして、その先を考えたい」。23年ぶりリーグ制覇へ、フル回転を約束した。(小松 真也)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請