【日本ハム】ドラ1吉田輝星“スラダン魂”でプロ1年目挑む

報道陣から贈られたケーキを食べ笑顔を見せる吉田輝星
報道陣から贈られたケーキを食べ笑顔を見せる吉田輝星

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手=金足農=が12日、18歳の誕生日を迎え、“スラダン魂”でプロ1年目に挑む考えを示した。つい最近、人気漫画「スラムダンク」を読破し、主人公の桜木花道に「試合中の強気度合いが似ている」と共感。素人でバスケットの世界に挑んだ桜木と自身を重ね、「プロの世界に入れば、自分も全然(周りが)分からない初心者みたいなもの。心の中ではああいう(桜木のような)強い気持ちを持っていればいいのかな」とイメージを膨らませた。

 この日は「いろいろな人が部屋に入ってきて叫んでいった」と、午前7時にドラフト5位・柿木蓮投手(18)=大阪桐蔭=や同6位の田宮裕涼(ゆあ)捕手(18)=成田高=に起こされて祝福された後、新人合同自主トレ3日目に参加。キャッチボールなどで汗を流し「小さい頃は18歳だと高校生なので遊んでいるイメージがあったけど、今は野球に集中できている。いい方に変わったかな」と笑った。

 報道陣からは特製ケーキのサプライズ祝福を受けた。欲しいプレゼントにはゲーム機を挙げ、「そろそろ野球ゲームで自分が出るので、どれくらいの能力なのか気になる」とおちゃめな一面ものぞかせた。大きな期待を受ける1年目へ「まずは1軍で投げること」と誓いを立てた。(小島 和之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請