【高校サッカー】流通経大柏、2年連続決勝…昨年は終了間際にV逸で今年こそ

前半10分、チーム2点目を決め歓喜する流通経大柏・藤井海和(カメラ・宮崎 亮太)
前半10分、チーム2点目を決め歓喜する流通経大柏・藤井海和(カメラ・宮崎 亮太)

◆第97回全国高校サッカー選手権第6日 ▽準決勝 流通経済大柏5―0瀬戸内(12日、埼玉スタジアム)

 準決勝2試合が行われ、青森山田(青森)が2年ぶり3度目、流通経大柏(千葉)が2年連続3度目の決勝進出を決めた。青森山田はシーソーゲームの末に、2―3の後半42分、FW小松慧(けいと、3年)が途中出場から61秒後に同点ゴール。PK戦で2人目が外す劣勢から4―2と逆転勝利した。昨年度準優勝の流通経大柏はDF関川郁万(いくま、3年)のゴールなど5―0で完封勝利した。決勝は14日、埼玉スタジアムで行われる。

 1年前の雪辱を果たす時が来た。流通経大柏が2点リードの前半42分、ショートコーナーの流れからゴール前へ左クロスが入る。頭一つ高く跳び上がった関川は、豪快に頭で突き刺した。3日の星稜戦に続くヘディング弾で相手を突き放した。5得点の完封勝利で決勝進出。関川は「去年の借りを返すために、帰って来なきゃいけない場所に帰ってきた」と胸を高鳴らせた。

 昨年度、前橋育英との決勝は2年生で先発出場し、終了間際の失点で優勝を逃した。その残像は何度も夢に出てくるほど。「後悔とか、もっとこうすればってことばっかり思い浮かんだ」。それ以来、練習後は約1時間の自主トレ。試合で競り負けると、その選手と近い身長のチームメートを相手に、空中戦練習を反復してきた。最上級生の自覚も芽生えた。Bチームの試合応援では、率先して横断幕の準備と片づけを担当した。

 目指すは、07年度以来の制覇。「あの舞台を経験したからこそ、今年のモチベーションにつながっているし、無失点に対するこだわりも強い。あと一回勝つだけ」。青森山田とは今季の高円宮杯U―18プレミアリーグで1分け1敗。心身共に強く、大きくなった姿を決勝の舞台で見せる。(小又 風花)

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請