井浦新、阪神大震災復興ドラマに主演「当たり前にある日常がどれだけ幸せで輝いているか」

神戸・東遊園地内の「1・17希望の灯り」を訪れた井浦新
神戸・東遊園地内の「1・17希望の灯り」を訪れた井浦新

 俳優・井浦新(44)が12日、神戸市中央区の東遊園地内に設置されている復興のシンボル「1.17希望の灯り」と「慰霊と復興のモニュメント」を訪問した。

 井浦は15日放送のフジテレビ系「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」(後9時)に主演。1995年に起きた阪神・淡路大震災で倒壊したJR六甲道駅をわずか74日間で復旧させた実話をもとに描く人間ドラマで、難しい工事を指揮した建設会社所長・高倉を演じる。

 NPO法人の阪神・淡路大震災「1.17希望の灯り」(略称:HANDS)の藤本真一理事長(34)から、設立の経緯や震災を語り継ぐボランティア活動について説明を受け、「こうして日常の中に象徴になるものとして、この灯りが目に見える形で灯っていると、時間が経っても忘れないですし、震災後に生まれた若者たちにとっても学ぶきっかけになっていていいですね」と話した。

 今年で平成時代も終わるが「当たり前にある日常がどれだけ幸せで輝いているものか、というのが強く伝わるドラマだと思います。現代の若者たちが知らない震災に対して、どう向き合っていくか、という姿も描いているので、僕としても、若者がこのドラマを見て何を感じてもらえるのか、というのは興味があります」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請