AKB総監督・横山由依、NGT48山口の暴行事件を謝罪「起きてはいけないことが起きた」

 AKB48グループ総監督の横山由依(26)が12日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで開催された「AKB48 チームA単独コンサート~美しき者たち~」に出演し、NGT48の山口真帆(23)の暴行被害騒動について謝罪した。

 序盤に数曲歌唱した後、横山はあいさつに立ち「今回、すごく起きてはいけないことが起こってしまいました。ご心配をおかけして申し訳ありません」と神妙な表情で頭を下げた。今後の対応について「私も総監督として、運営に厳しく言わせていただきました」と語った。

 山口は昨年12月8日、自宅マンションの玄関先で、男性ファン2人に顔をつかまれるなどした。現行犯逮捕されたが、不起訴処分となり釈放されていた。運営側は10日、公式サイトで「対応が不十分だった」と謝罪し、「メンバーの1人が、男から声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とメンバーの関与を明らかにした。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請