霜降り明星、近大生からM―1審査を聞かれタジタジ

「近畿大学就職活動決起集会2019」に出席した(左から)細井美彦学長、霜降り明星・粗品、せいや、清水由洋理事長
「近畿大学就職活動決起集会2019」に出席した(左から)細井美彦学長、霜降り明星・粗品、せいや、清水由洋理事長

 昨年の「M―1グランプリ2018」で優勝したお笑いコンビ「霜降り明星」が12日、東大阪市の近畿大学で「就職活動決起大会2019」にゲスト出演した。

 近大OBのせいや(26)は「こういう形で母校にお仕事で戻って来られるのはうれしい」と感慨深げ。大学在籍中に粗品(26)とコンビを組んで芸人としての活動を始め、大学内の情報処理室のパソコンを利用してネタ作りやネタ合わせをしていたという“大学あるある”で集まった約1200人の学生を沸かせた。

 質問コーナーでは、学生の1人が「M―1での上沼恵美子さんの審査についてどう思いますか」と発言し、せいやは「就活で呼ばれているので、上沼さんのこと言うと怒られちゃうんでね」と苦笑い。粗品が「でも、どうします? 上沼さんみたいな面接官がいたら」と振ると、「『好みじゃない!』とか言われてね。でもそれも乗り越えなアカンですからね」とエール。粗品は学生に向かって「ゲット・アウト!」と笑いを誘っていた。

 また、「M―1」王者に輝いてからは全国ネット番組にゲスト出演する機会などが増えたことにふれ、「でっかい番組に呼ばれた時とか、芸人は毎日オーディションを受けているみたいなもん。自分の色を出すのはめちゃくちゃ大事。M―1もそうでしたけど、緊張を楽しめるくらいになったらいい」と、これから就職活動に臨む後輩たちアドバイスを送っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請