加藤浩次、NGT48山口真帆の事件の再発防止策に「やらないといけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょ」

加藤浩次
加藤浩次

11日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)で新潟を拠点とするアイドルグループNGT48のメンバー山口真帆(23)が昨年12月、自宅の玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害を受けたとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していた事件を特集した。

 山口は事件発覚から一夜明けた10日、新潟市内でグループの3周年記念公演に出演した。山口は今後もNGTでの活動を続けることを明らかにした。

 イベント途中に登場した山口は、柏木由紀(27)と一緒に「てもでもの涙」を熱唱。その後ファンに対し「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。事件を明らかにしたツイッターは既に削除されているが「私にも守りたいものがあり、このような形での発信になりました。お世話になった方にもご迷惑をかけて申し訳ないと思っています」と頭を下げた。

 一方、運営側は公式サイトで「対応が不十分だった」と謝罪し、「メンバーの1人が、男から声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とメンバーの関与を明らかにした。

 番組では山口が自身のツイッターでメンバーの関与について、3人のメンバーがそれぞれ男性に帰宅時間を教え、家を教え、家に行けとそそのかしたと明かしていることを報じた。

 この状況にMCの加藤浩次(49)は「今回運営側は、帰宅時間を教えるという風にした人間はメンバーの中にいましたということで認めている。2つは認めてないんだけど、1個認めてて、これなんだろう山口さんが謝罪して、何でこのメンバー何もないの?って思うのが普通だと思う」と示していた。

 さらに運営側が今後の対策が防犯ベルと自宅への巡回を打ち出したが「こういったメンバーが中にいたら、そんなもん持たしても関係なくなるじゃんって。もともとやらないといけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょって思ってしまう」と憤っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請