大宮駅ホーム下に20歳が寝泊まり…火災で発見

 JR大宮駅(さいたま市大宮区)のホーム下のスペースに侵入したとして、埼玉県警大宮署は9日、建造物侵入の疑いで同県久喜市の専門学校生・小暮陸容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午後0時20分~同1時半ごろ、正当な理由なく大宮駅の第5ホーム下に侵入した疑い。小暮容疑者は「寝泊まりしていた。就職で悩んで家に帰りたくなかった」と供述しており、署は詳しい経緯を調べている。

 署や消防によると、同日午後1時過ぎ、駅のホーム下で角材やごみが燃え、白煙が立ちこめる火災があった。駆け付けた消防隊員や警察官が、近くで座り込んでいた小暮容疑者を発見した。署は火災との関連も捜査する。

 第5ホームは東北線、高崎線の下り列車が使う11番線と、通常は電車の発着がない12番線のホームとして使用。JR東日本大宮支社によると、小暮容疑者は12番線側から侵入したとみられるという。ホーム下と線路の間には壁があり、駅利用者が、空間の存在に気付くことはほとんどない。

 空間には配線などが通っているものの、通常使用されるスペースではないことから、何も置かれていなかったという。同支社では、小暮容疑者が何らかの理由で可燃物を持ち込んだのではないかとみている。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請