2・27デビューの演歌歌手・門松みゆき、歌で「福届ける」

門松持参でデビューへの思いを語った門松みゆき
門松持参でデビューへの思いを語った門松みゆき

 2月27日にシングル「みちのく望郷歌」でデビューする演歌歌手・門松みゆき(25)が10日、東京・港区の報知新聞社を訪れた。黒長髪の清楚(せいそ)ないで立ちに隠された、力強い歌声と津軽三味線など多才な才能が魅力。約1か月後のデビューにむけ「キャッチフレーズの『歌う門には福来たる』のように、皆さまに福を届けられるよう歌っていきたい」と意欲を語った。

 演歌に目ざめたのは、なんと2歳。両親に連れて行かれた北島三郎のコンサートを聴いてからだという。小学生で「お客さまが帰って行く時に『元気をもらった』と話している姿を見て、素晴らしいお仕事と感じた」と演歌の道を志した。目標はサブちゃんのような老若男女を問わず愛されること。「『かどまっちゃん』と呼んでほしい。地元の小田原市民会館でワンマンコンサートをしたい」と夢を語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請