滝沢秀明氏が後継指名の「Snow Man」ってどんなユニット? 会見に見た“実力”

「滝沢歌舞伎ZERO」の製作発表会見に出席した(前列左から)佐久間大介、宮舘涼太、深澤辰哉、岩本照、渡辺翔太、阿部亮平(後列左から)影山拓也、正門良規、向井康二、目黒蓮、田中誠治
「滝沢歌舞伎ZERO」の製作発表会見に出席した(前列左から)佐久間大介、宮舘涼太、深澤辰哉、岩本照、渡辺翔太、阿部亮平(後列左から)影山拓也、正門良規、向井康二、目黒蓮、田中誠治

 「滝沢歌舞伎ZERO」(京都・南座で2月3~25日、東京・新橋演舞場で4月10日~5月19日)の製作発表会見が8日、都内で行われ、今回からメインキャストをつとめるジャニーズJr.のユニット「Snow Man」の岩本照(25)、深澤辰哉(26)、渡辺翔太(26)、阿部亮平(25)、宮舘凉太(25)、佐久間大介(26)らが出席した。

 昨年末でタレントを引退し、今作でプロデューサーの本格デビューを果たす滝沢秀明氏(36)は会場後方で誰にも気付かれることなく静かにこの様子を見守っていたという。

 全員で台宙を行うなどアクロバットとキレのあるダンスを得意とする6人。2010年から前身ユニット「Mis Snow Man」(8人)で本格的に同舞台に出演、12年からは現在の「Snow Man」で主要キャストとして連続出演してきたが、同舞台の製作会見は初めての経験。昨年6月に「滝沢歌舞伎2018」の名古屋・御園座公演の初日会見に出席していたが、主演の滝沢氏とV6・三宅健(39)の“添えもの”的な位置だった。

 そんな6人がメインで臨む会見。さぞや緊張していることだろうと思った。しかし、登場した時こそ硬い表情で真正面を見据え、緊張がうかがえたが、一人一人のあいさつが始まるとさっそく「らしさ」を出してきた。

 嵐の松本潤やKAT-TUN亀梨和也のモノマネなどを得意とする“芸達者”な深澤が「おはようございます。滝沢…あっ、間違えました深澤辰哉です」と軽く笑いを取ると、佐久間も「僕の発言がZEROにならないように全力で頑張ります」とタイトルにひっかけて意気込みを語り会場をなごませた。取材陣の中に少なからずあった「滝沢くんいなくて大丈夫?」といった空気を一気に振り払った気がした。

 「見どころは?」「やってみたい演目は?」などの質問に答えながら、<1>「Snow Man」にちなみ、重さ500キロの雪(人工雪)をエンディングで客席に降らせる、<2>「花を咲かせる活躍」への期待を込め、オープニングで重さ100キロ、300万枚の桜吹雪を舞わせる、<3>名物演目の1つである「腹筋太鼓」は今回から5分以上の長さ、例年の倍以上の時速15キロで高速回転する3人乗りの「メカ太鼓」が登場する、<4>滝沢氏が披露していた白塗り化粧で女形になっての日舞は佐久間と阿部が踊る…など、メンバーそれぞれが新しくなる作品の魅力を、ほどよく“ネタバレ”しながら明かしていった。

 その後も「ちょっと、しゃべっていいですか?」(深澤)、「おいしいところ言っちゃっていいですか?」(渡辺)、「(自分の今の発言は)笑うところでもあります(笑)」(宮舘)と、初めてとは思えない“回し”。関西ジャニーズJr.の向井康二(24)が「Snow Manが桜として舞うなら僕は根っことして頑張りたい」と言うと、佐久間が「一緒に桜として咲こうよ!」と優しい言葉。宇宙Six・目黒蓮(21)ら後輩に話を振るなど、ネタ満載&和気あいあいと進行した。その様子を見て、さすが滝沢氏が“後継者”に指名しただけはあるとうなった。

 結成は12年だが、前身ユニットから約10年間、常に一緒に活動してきた結束力の強さを感じる6人。後輩のデビューを見送ってきた中で、秘めた思いは誰よりも熱いはずだ。メンバーでしっかり打ち合わせをして晴れ舞台の会見に臨んだことがうかがえた。

 現在のジュニアには10を超えるユニットがあり、それぞれ高い人気を誇る。昨春に大阪と横浜で開催されたコンサート「ジャニーズJr.祭り」では、合同公演はもちろん「Snow Man」単独公演でも横浜アリーナは満員に。3月29日にはジャニー喜多川社長が初めて製作総指揮を手掛け、「SixTONES」「Snow Man」、関西ジャニーズJr.を中心に、東西Jr.総勢100人が出演する「映画 少年たち」(本木克英監督)も公開される。そんな実力派がつかんだ大きなチャンス。並々ならぬ覚悟を感じた。

 「滝沢歌舞伎ZERO」のポスタービジュアルが松竹のHPなどで公開された。桜色の布をまとったSnow Manの6人が舞う姿が桜の花びらのようになった美しいデザイン。滝沢氏からは「桜のように花を咲かせて」との言葉があったという。

 桜と言えば、昨年の公演中、舞台上で白塗り化粧をする滝沢氏の鏡の横に小さな桜の盆栽が置かれ、かわいい花を咲かせていた。そして、公演中の5月5日に誕生日を迎えた深澤に滝沢氏は、それとは別の桜の盆栽を劇中でサプライズでプレゼント。ここでも「Snow Manも花を咲かせろよ」と言ったという。

 その時の滝沢氏がすでに自らのタレント引退と後継者として託すことを決めていたのかどうかはわからないが、桜にこだわったポスターや桜吹雪の演出を聞くと、感じるものがある。

 滝沢が思いを込めて深澤に贈った桜の盆栽は無事に育っているのだろうか。Snow Manが花を咲かせるところとともに、かわいい桜が開花したところをぜひ舞台上で見てみたいと思った。(記者コラム)

 ◆Snow Man(スノーマン)アクロバットとダンスを得意とし舞台を中心に活躍するJr.のリーダー的存在。「劇場版私立バカレア高校」、A.B.C-Z塚田僚一主演の「ラスト・ホールド!」などの映画にも出演。筋肉自慢の岩本はTBS系「SASUKE」に3回連続出場、阿部はジャニーズ初の気象予報士合格や上智大学理工学部大学院卒業を生かしクイズ番組で活躍、佐久間はジャニーズきってのアニメ好きで知られラジオ番組に出演、宮舘はNHK総合「ぬけまいる」で時代劇デビューを果たすなど多方面に活躍の場を広げている。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請