吉田沙保里が引退会見「レスリングは全てやりつくした」

引退会見を行った吉田沙保里
引退会見を行った吉田沙保里

 レスリング女子で五輪3連覇を果たし、8日に引退を表明した吉田沙保里さん(36)が10日、都内のホテルで会見を行い、「私、吉田沙保里はこのたび33年間のレスリング生活に区切りをつけることを決意しました」と語った。

 白いジャケットで会見に臨んだ吉田は「自国で開催される東京オリンピックに出場したいという思いと、リオ五輪で銀メダルに終わってしまい、たくさんの方にまた金メダルを目指して欲しいという応援に支えられつつも、日々悩みながらここまできました。また、若い選手たちの世界の舞台で活躍する姿を多く見るようになり、女子レスリングを引っ張っていってもらいたいという思いにもなりました。改めて自分自身と向き合ったときにレスリングは全てやりつくしたという思いが強く、引退することを決断いたしました。これまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも、たくさんの方々の応援とサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました」と改めて引退の理由を説明した。

 報道陣は午後2時からの会見の2時間前から行列をつくり、最終的には100社を超える媒体から200人以上が出席する見込み。女性アスリートの引退会見ではフィギュアスケート女子の浅田真央さんが430人、サッカー女子の澤穂希さんと女子ゴルフの宮里藍さんに300人以上の報道陣が集結。3人に匹敵する大規模なものとなった。

 吉田さんは8日に更新したツイッターで「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」とだけつづり、今後については触れていない。今後について何を語るのかが注目される。

 ◆吉田 沙保里(よしだ・さおり)1982年10月5日、三重・津市生まれ。36歳。久居高―中京女大(現至学館大)卒。3歳で競技を始め、04年アテネ、08年北京、12年ロンドンで五輪3連覇を達成。16年リオデジャネイロ五輪は銀メダルを獲得した。世界選手権では20歳だった02年大会で初優勝し、15年まで13連覇。12年に五輪、世界選手権を合わせ、史上初の13大会連続「世界一」でギネス世界記録に認定され、国民栄誉賞を授与された。01~08年に119連勝をマーク。身長157センチ。家族は母と兄2人。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請