冨安健洋、ボランチでフル出場 20歳65日でアジア杯最年少記録を更新

前半、相手選手と競り合う冨安(奧は酒井)
前半、相手選手と競り合う冨安(奧は酒井)

◆アジア杯1次リーグ第1戦 日本3―2トルクメニスタン(9日、UAE・アブダビ、アル・ナヒヤーンスタジアム)

 森保ジャパンがトルクメニスタンに3―2で辛勝。日本は前半26分に先制を許し、5バックで守る相手に得点の糸口すら見つけられないでいたが、FW大迫勇也(28)=ブレーメン=の2得点とMF堂安律(20)=フローニンゲン=の追加点で振り切り、森保体制で初陣から6試合無敗となった。

  *  *  *

 MF冨安健洋(20)=シントトロイデン=はMF守田英正(川崎)が負傷離脱、発熱によりMF遠藤の合流が遅れるアクシデントの中、ボランチでフル出場。20歳65日での出場は日本人のアジア杯最年少を更新した。前半32分、DF2人を振り切りゴール中央に切り込んで右足シュート。相手の攻撃を寸断する厳しいマークも見せた。攻守に存在感を見せたが「ボールを奪うこと、縦パス、状況を変えるようなパスも全然出せなかった」と反省の言葉が続いた。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請