馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【日経新春杯 角田調教師に聞く】状態◎ムイトオブリガード、脚元も距離もOK!

雪が舞う中、併せ馬で先着したムイトオブリガード(手前)
雪が舞う中、併せ馬で先着したムイトオブリガード(手前)

◆日経新春杯追い切り(9日・栗東トレセン)

 3日間開催で行われる3重賞の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。第66回日経新春杯・G2(13日、京都)は、ムイトオブリガードが栗東・CWコースで2頭を追走して余裕の最先着。角田晃一調教師(48)=栗東=は、3戦3勝の2400メートル戦へ自信を持って送り出す。

 ―ムイトオブリガードの最終追い切りは、栗東・CWコースで外オノーレペスカ(3歳未勝利)、中タガノアニード(5歳500万)を離れて追走。直線で強め程度に伸ばして6ハロン81秒1、ラスト1ハロン12秒3であっさり最先着しました。

 「しまいをさっと伸ばす程度。1頭だと動かないから、追いかける形が一番いい。いくらか体が大きくなっているけど、太め感はないです。急な雪で、無事に追い切りをできたことが何より。休み明けとしては、いい状態で使えそうです」

 ―2度目の重賞挑戦だったアルゼンチン共和国杯は0秒1差2着でした。

 「展開が向かなかったけど、力は示せたかなと思います。かなりの上がり勝負になって脚元を心配したけど、すぐに回復してくれました」

 ―昨春に芝へ戻し、500万からオープンまで駆け上がってきました。

 「芝の新馬2着後に脚元があまり良くなくて、その後も不安定なところがあったのでダートを使っていました。ただ4歳になった昨年あたりから少しずつ脚元が固まってきて、いい結果につながってきました」

 ―舞台は4戦続いた東京から、京都に替わります。

 「脚元と相談しながら使ってきて、東京が続いたのはたまたまです。小回りでも、発馬さえ決めれば苦にしないと思います。2400メートルは、ずっと結果を出しています(3戦3勝)から」

 ―充実一途で、初タイトルを視界にとらえて臨むG2。意気込みを。

 「一回一回が勝負の馬だけど、いい競馬をして次につながれば。順調に使っていければいいと思います」

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請