藤井聡太七段2018年ラストに続いてカレーうどんで“勝負メシ”リレー

藤井聡太七段が昼食に選んだ黒毛和牛のカレーうどん
藤井聡太七段が昼食に選んだ黒毛和牛のカレーうどん

 大阪市福島区の関西将棋会館で指されている将棋の藤井聡太七段(16)と富岡英作八段(54)の順位戦C級1組の対局は8日正午前に昼食休憩に入った。

 藤井の2019年最初の「勝負メシ」は小雀弥の「黒毛和牛のカレーうどん」(850円)。2018年最後の対局となった12月28日(棋王戦予選1回戦・村田顕弘六段)も「カレーうどん定食」(やまが)で、現在公式戦5連勝中とあって、年をまたぐ“カレーうどん”リレーでゲンをかついだか。

 一方の富岡は、関西将棋会館1階に洋食店「イレブン」の「サービスランチ(チキンステーキと白身魚フライの盛り合わせ)」(900円)を食した。

 局面は早くも55手まで進んでおり、6時間の持ち時間のうち、藤井は33分しか消費していない(富岡は1時間25分)。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請