稀勢の里、稽古総見で太もも強打!本人「問題ない」気丈も 横審は不安視

稀勢の里の背中は稽古で砂だらけになった
稀勢の里の背中は稽古で砂だらけになった

 大相撲初場所(13日初日・両国国技館)で再び進退を懸ける横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=に、調整遅れを不安視する声が相次いだ。東京・両国国技館で7日、横綱審議委員会(横審)による稽古総見が行われ、横綱・鶴竜(井筒)、大関・豪栄道(境川)と計6番で3勝3敗。左太ももを俵に強打し、稽古を打ち切った。途中休場した九州場所後に初の「激励」決議を出した北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「少し不安は残る」と表情を曇らせた。

 荒れた息のまま倒れ込んだ稀勢の里が、横審メンバーのため息を誘った。申し合い6番目。豪栄道を必死の形相で押し出した際に転倒し、左太ももを俵に強く打ちつけた。直後に「ちょっと待って…」とつぶやき、背中の砂を落とすことなく弟弟子の大関・高安と入れ替わった。

 和製横綱は「(左太ももは)問題ない。動きは悪くない。攻めていた」と気丈に振る舞ったが、申し合いは自ら打ち切った。豪栄道から2勝も、鶴竜には一方的に押し込まれて「あ~、クソッ」と悔しがるなど1勝3敗。北村委員長は「気力は感じた。一生懸命なのは分かるが少し不安は残る。あと4、5番取ってくれたら」と仕上がりを見極められず残念がった。岡本昭委員は「ちょっと横綱らしくない。心配ですよ。(初場所は)出ないと、えらいことになるよ。10勝ではアカンで。気迫がない」と厳しかった。

 13日の初日まで1週間を切った。途中休場した九州場所で右膝を負傷し、体力強化するはずだった冬巡業を全休。横審からの「激励」決議や、稽古不足を不安視する周囲を黙らせたかったが、逆にその声は大きくなった。激しい申し合いとはいえ、わずか6番。肩で息をする姿に八角理事長(元横綱・北勝海)は「2、3番相撲を取るとスタミナがないのが分かる。稀勢の里はまだ軽い」と本調子にはほど遠いと指摘。北の富士氏(相撲解説者)も「すぐに息が上がる。15日間もたない」とバッサリだ。

 初場所への時間は限られているが、9日には関脇・貴景勝(千賀ノ浦)らが参加する二所ノ関一門の連合稽古もある。稀勢の里は「前に前に自信をもってやっていくしかない。やるだけです」と悲壮感を漂わせた。土俵際で粘ってみせる。(小沼 春彦)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請