ますだおかだ・増田、新たな“相方”と「スベって飛びまくります」…2019HBCカップジャンプで総合司会

「サッツ動作」を実体験した増田英彦
「サッツ動作」を実体験した増田英彦
「2019HBCカップジャンプ」総合司会の増田英彦
「2019HBCカップジャンプ」総合司会の増田英彦

 「2019HBCカップジャンプ」が14日午後2時55分からTBS系で放送される。今回、総合司会をお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦(48)が務め、長野五輪スキージャンプ金メダリストで、雪印メグミルクスキー部監督の原田雅彦氏も出演する。

 番組では、同日のワールドカップ通算5勝を挙げ今後の活躍が注目される伊藤有希=土屋ホーム=らトップジャンパーが出場する札幌・大倉山ジャンプ競技場での「第61回HBCカップジャンプ競技会」を中継する。

 スキーはプライベートで毎年楽しんでいるという増田だが、スキージャンプは未知の世界。今回、総合司会を務めるにあたって「僕がスキージャンプに詳しくなって、それをちゃんと言葉にできたら視聴者もちょっと詳しくなれると思うので、現場で見たいところや疑問点を番組内でぶつけられたらいいなと思います」と気合の一言。

 レジェンド・原田氏との共演には「『ますだはらだ』でスベって飛びまくります!」と、この日ばかりは「すべり芸人」と言われている相方・岡田圭右(50)ではなく、原田氏と“すべる”ことを堂々、宣言した。

 事前に行われたCM撮影ではジャンプ台を踏み切って飛び出す瞬間の動き「サッツ動作」を実体験。高所恐怖症だという増田は、台から足が離せず「他人に自分を預けることに慣れてないですね。人間性が出ますね」と苦笑い。さらに「スキー場のちょっとしたジャンプでもめっちゃ怖いですから。男はね、股間が“ヒュッ”となるんですよ。スキージャンプは見てるだけで“ヒュッ”となるんやろな」と男性ならではの感覚を明かしていた。

「サッツ動作」を実体験した増田英彦
「2019HBCカップジャンプ」総合司会の増田英彦
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請