【日本ハム】吉田輝星、清宮と隣部屋!ダル&大谷“出世号室”「打者の見方聞けたら」

勇翔寮の前でマスコットのカビー(左)とポーズを取る吉田輝(カメラ・宮崎 亮太)
勇翔寮の前でマスコットのカビー(左)とポーズを取る吉田輝(カメラ・宮崎 亮太)
鎌ケ谷スタジアムを背にポーズを取る吉田輝
鎌ケ谷スタジアムを背にポーズを取る吉田輝

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農=が6日、千葉・鎌ケ谷の「勇翔寮」に入寮した。部屋は過去にダルビッシュ有投手(現カブス)や大谷翔平投手(現エンゼルス)が使用した404号室に決定し、「しっかり活躍できれば」と“出世街道”を歩むことを誓った。隣室には17年のドラフト1位・清宮が入居しており「打者からの見方とかも聞けたら」と積極的に助言を求める考えを披露した。

 午後1時37分。テレビカメラ10台、報道陣50人、150人のファンの前に輝星が姿を現した。学生服姿でリュックを背負い、大きなキャリーバッグを引いて入寮。「輝星く~ん!」と黄色い歓声に加えて、無数のフラッシュを浴びた。「プロ野球選手としての人生がやっと始まるという思い。一番は楽しみという気持ちです」と表情を引き締めた。

 黄金ルーキーに最高の環境が用意された。入居する404号室は、過去にダルビッシュや大谷が超一流へ成長する期間を過ごした“出世部屋”。「自分もダルビッシュさんや大谷さんのように、しっかり活躍できれば。自分も活躍できるイメージはすごくあります」と瞳を輝かせた。

 “隣人”にも恵まれた。隣の403号室には清宮が入居しており、打者目線からの助言を求めることが可能。「高校野球とはまた違う世界。打者のスキルとか、タイミングの取り方なども全然違うと思う。打者からの見方も聞けたらと思います」と、住環境も最大限活用する考えを披露した。同じフロアにはドラフト5位右腕の柿木らもおり、人生初の寮生活に「不安は少しある」としていた右腕もひと安心だ。

 「宿題」も、きちんと済ませた。昨年11月23日の新入団発表の際、栗山監督が手渡した本「小さな人生論」(藤尾秀昭著、致知出版社刊)に自分の人生の約束を書き、入寮時に持参するよう指示された。「『満足しない』ということと、たくさん支えてくださる方がいるので『感謝を忘れない』と書きました」。感謝の気持ちとプロでの心構えを書き込み、持参した。

 この日は、秋田から飛行機と車を乗り継いで上京。年始は実家近くの神社に初詣へ向かい、おみくじは「末吉」だったが「争いごと(の欄)に『勝つことやすし』とあった」と笑った。9日からの新人合同自主トレへ準備は万全だ。「野球に集中できるいい環境。野球を第一に考えてやっていければ」。ただいちずに、一流の道を駆け上る。(小島 和之)

勇翔寮の前でマスコットのカビー(左)とポーズを取る吉田輝(カメラ・宮崎 亮太)
鎌ケ谷スタジアムを背にポーズを取る吉田輝
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請