馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【日経新春杯展望】武豊騎手騎乗予定のメイショウテッコンVSルーラーシップ産駒ムイトオブリガード

日経新春杯の登録馬。*騎手は想定
日経新春杯の登録馬。*騎手は想定

 第66回・日経新春杯G2が1月13日、京都競馬場の芝2400メートルを舞台に行われる。

 好位から運んだ菊花賞は14着と惨敗したメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)だが、中距離戦の安定感は随一。神戸新聞杯ではワグネリアン、エタリオウに続く3着。今回と同じ条件の梅花賞でエタリオウ、サトノワルキューレを下した星がある。正月開催で6勝の固め打ちを決めた好調・武豊騎手の騎乗で直線どこまで粘れるか。

 1000万、1000万、1600万の3連勝で挑んだ前走のアルゼンチン共和国杯で上がり32秒5の末脚を見せ2着に差し込んだムイトオブリガード(牡5歳、栗東・角田晃一厩舎)は距離的に2400、2500メートルがベスト。一瞬の切れより持続力で勝負するタイプだけに直線で進路さえ開けば確実に伸びてくるだろう。5歳で16戦。伸びしろも大きい。

 1600万のオリオンSを勝ってオープン入りしたシュペルミエール(牡6歳、美浦・木村哲也厩舎)だが、3年前の菊花賞で強豪相手の6着など、格下感はない。休養期間が長く、今回が12戦目。本領発揮はこれからだ。

 咋春の目黒記念の勝ち馬ウインテンダネス(牡6歳、栗東・杉山晴紀厩舎)は前走のジャパンC(8着)でも大きく崩れておらず注意。そのほかジャパンCからはガンコ(牡6歳、栗東・松元茂樹厩舎)、ノーブルマーズ(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)がエントリー。

 中距離適性が高いアフリカンゴールド(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)、ルックトゥワイス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)、ロードヴァンドール(牡6歳、栗東・昆貢厩舎)もエントリーした。(大上 賢一郎)

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請