「すしざんまい」の史上最高3億3360万円でのクロマグロ落札にSNS上で賛否両論「さすがにやりすぎ」「やっぱり凄い」

3億3360万円で落札し、報道陣に囲まれる木村清社長
3億3360万円で落札し、報道陣に囲まれる木村清社長

 東京・豊洲市場で5日、築地市場からの移転後初めてとなる「初競り」が行われ、278キロの青森県大間産クロマグロが3億3360万円(1キロあたり120万円)の最高額で落札された。

 東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降の最高値で、これまでの記録だった13年の1億5540万円を約2億円も更新。競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」。昨年は別会社が落札して7年連続を逃していただけに、うれしい「マグロ王返り咲き」となった。

 初競り後に取材に応じた同社の木村清社長(66)は「まさかこんなに高くなるとは思ってなかったよぉー。3000万円くらいと思ってたのにー」との言葉と裏腹に満面の笑顔を浮かべていた。

 ツイッター上では3億3360万円という最高額での落札にさまざまな反応が書き込まれている。

 「『平成最後』『豊洲市場初』の1番マグロへのご祝儀価格とはいえ、2013年の1億5540万円(過去最高額)の倍以上はやりすぎ」。「そんなにお金があるなら、豊洲市場千客万来も続けていただければよかったのですが…」。「さすがにやりすぎだろ…こういう事するの逆に引くわ ないわぁ」。「やり過ぎ。でも、釣った人はウハウハだな」。「御祝儀相場とは言うものの異常」など疑問視する意見の一方で「やっぱりスゴイです!!すしざんまい木村社長 本日のマグロの初競り1番を競り落としたのはやはりこの方でした凄すぎる!!」。「木村社長、やりますねぇ~!!昨年は、他の業者さんへ最高値のマグロを持ってかれたけど、やっと昨年のリベンジを果たしましたね~!!」と称賛の声に別れた。

 また、「毎年#寿司ざんまいは高額マグロを買うけど、そのお金で従業員に何か報酬あげればいいじゃん、て思う」と意見も書き込まれていた。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請