箱根2位の青学大・原監督「来季は東海大1強。青学大は挑戦者」

原晋監督
原晋監督

 第95回箱根駅伝(2、3日)で5年ぶりに優勝を逃した青学大の原晋監督(51)は4日、来季の学生駅伝勢力図が今回の箱根駅伝優勝の東海大、同2位の青学大、同3位の東洋大の「3強」と見られていることについて「そうは思わない。東海大の1強です。少なくとも我々はチャレンジャーだ」と言い切った。

 史上初となる2度目の学生駅伝3冠と箱根史上3校目の5連覇を狙った青学大は、箱根路初制覇の東海大と3分41秒差の2位に終わった。「東海大は5区2位の西田壮志君(2年)、6区2位の中島怜利君(3年)が残るので山の特殊区間は相変わらず強い。今回、走らなかった関颯人君(3年)もいる。間違いなく東海大の1強です」と原監督は厳しい表情で話した。

 「東海大が見事なほど強かった」と勝者をたたえた上で、原監督は自らの采配ミスを認めた。エースの森田歩希主将(4年)が12月上旬に股関節を痛め、一部、別メニューを強いられたため、エース区間の2区から負担が少ない準エース区間の3区にスライド。結果的に3区では区間新記録の快走で7人をごぼう抜き、チームを8位から首位に引き上げた。「過去の12月の練習消化率を考えた場合、森田をエース区間に使うことは難しい、と判断したが、結果論で言えば2区を走れた。青学大はこれまでチャレンジを続けてきたが、今回は過去のデータを重視しすぎて後ろ向きな姿勢になったことを反省している」と率直に話した。

 「青トレ」と呼ぶ体幹トレーニングに力を入れて箱根駅伝4連覇を果たした。今後、復権のため、新しい取り組みを行うことを宣言する。「進化をやめることは退化。これまでの青トレに加え、新しい青山メソッドを模索していく。具体的にはこれから研究します。再びチャレンジャー精神で東海大に向かっていきたい」と原監督はきっぱり話した。

 午後にはTBS系の報道番組「ひるおび!」に生出演。3区終了時点で勝利を確信して油断したことを明かした。「森田が首位に立った直後、多くの知り合いから『今回も優勝だね』というメールやLINEが来て『多分、大丈夫』と返信してしまった」と自戒を込めて明かした。

 「ゴーゴー大作戦」を掲げながら箱根V5を逃した悔しさを忘れないためにも、この日午後5時5分にツイッターを開始。「全国の駅伝ファンの皆さま95回箱根駅伝応援有難うございました。多少のアクシデントはありましたが全大学無事大手町に帰ってきました。これからも大学スポーツ盛り上げて行きます」などと投稿した。初ツイートから1時間弱でフォロワーは約1万人。「フォロワー55万人を目指します」という宣言が実現しそうな勢いを見せている。「今回、いい負け方ができたと思っています」と原監督は晴れやかに話す。青学大は挑戦者として再び走り始めた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請