TBS吉田明世アナウンサー、1月末での退社を発表 フリーの”ママウンサー”に転身

1月末でTBSを退社することを発表した吉田明世アナ
1月末でTBSを退社することを発表した吉田明世アナ

 TBSの吉田明世アナウンサー(30)が4日、1月末で同局を退社することをインスタグラムで発表した。

 「昨年の妊娠、出産の経験を経て、毎日悪戦苦闘しながらも娘と向き合う中で、それまでの価値観や考え方が大きく変わり、今後の働き方についても自分がどうしたいのか今一度考えるようになりました」と説明。「そして、2011年4月に入社してから約8年間お世話になったTBSを今月末に退社することとなりました」と報告した。

 吉田アナは成城大在学中の2007年にミスコンテストで優勝。入社後も「朝ズバッ!」でキャスターを務める一方で、深夜番組「女子アナの罰」では頭に大量のワカメをかぶって浜辺にはいつくばるなど体を張って活躍してきた。

 16年10月に5歳上で広告代理店勤務の一般男性と結婚。17年10月と12月に「サンデージャポン」(日曜・前10時)で生放送に途中退席する一幕があったが、その後、妊娠を発表。昨年3月末から産休に入り、5月に女児を出産していた。

 今後については「母として娘の成長を見守りながら、自分のペースでアナウンサーという大好きなお仕事を続けていきたいと思っています」と、フリーアナウンサーに転身することを明かした。

 「これまでに担当させて頂いたすべてのお仕事を通して多くの素敵な出会いを頂き、かけがえのない経験をさせて頂き、そのひとつひとつが今のこの瞬間につながっています。無我夢中で走り続けた8年間でしたが、何もない私に、たくさんの方々からたくさんのチャンスを与えて頂いたおかげで大好きなお仕事を続けることができて、とてもとても幸せな毎日でした」と吉田アナ。「優秀なアナウンサーではありませんでしたが、こんな私を育ててくれたTBSの皆さま、番組スタッフの皆さまや共演者の皆さま、そしてテレビやラジオを通して優しく見守ってくださった皆さまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。私なりの私らしいママウンサーを目指してこれからもがんばりたいと思います。今後ともよろしくお願い致します」と結んだ。

 ◆吉田 明世(よしだ・あきよ)1988年4月14日、東京都生まれ。30歳。成城大文芸学部マスコミ学科在学中の07年、ミス成城コンテストで優勝。11年4月にTBS入社。16年10月に一般男性と結婚。18年3月26日のTBSラジオ「たまむすび」を最後に産休入り。同年5月、第1子となる女児を出産。同期に古谷有美アナ。趣味は旅行とゴルフ。身長159センチ。血液型B。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請