山口祐一郎、トリプルキャストの相手役に「楽日まで生き残れるように頑張りたい」

都内で東京・日比谷シアタークリエでミュージカル「レベッカ」(5日開幕)の初日前会見を行った(左から)桜井玲香、大塚千弘、山口祐一郎、平野綾
都内で東京・日比谷シアタークリエでミュージカル「レベッカ」(5日開幕)の初日前会見を行った(左から)桜井玲香、大塚千弘、山口祐一郎、平野綾

 俳優の山口祐一郎(62)が4日、東京・日比谷シアタークリエで主演ミュージカル「レベッカ」(5日開幕)の初日前会見を行った。

 同所の開場10周年記念公演。物語の核となる、わたし役は女優の大塚ちひろ(32)、平野綾(31)、乃木坂46の桜井玲香(24)のトリプルキャストになる。

 08年の日本初演でも主演を務めた山口は「全く違った個性ですから。3人のエネルギーに圧倒されないように。楽日まで生き残れるように頑張りたい」と気合十分。「このチャーミングな3人ですから。彼女たちの炎に燃やし尽くされないようにしたい」と気を引き締めた。

 大塚は08年、10年に続き、3度目のわたし役。「8年ぶりに同じ役。ドキドキ、ハラハラします。大人になったのでドキドキ、ハラハラする作品なんだなって感じている」。新年の抱負を聞かれ「いのしし年なので『猪突(ちょとつ)猛進』。道を間違えないように、真っすぐと頑張りたい」と意気込んだ。

 大みそかまでグループとした走り続けた桜井は「山口さんが優しい笑顔で緊張をほぐしてくださったり、ステキな方ばかり」としみじみ。「皆さんに助けていただきながら、どうにか踏ん張っている。成長できるように頑張りたい。楽日までやりきること。『レベッカ』のことだけを考えてやりたい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請