箱根2位の青学大・原監督「3区終了時点で『大丈夫』と返信してしまった」

青学大・原晋監督
青学大・原晋監督
円谷幸吉さんと君原健二さんを描く舞台「光より前に」稽古を見学した青学大の原監督(左端)。左2人目から木村了、宮崎秋人、和田正人、中村まこと、演出家の谷賢一さん
円谷幸吉さんと君原健二さんを描く舞台「光より前に」稽古を見学した青学大の原監督(左端)。左2人目から木村了、宮崎秋人、和田正人、中村まこと、演出家の谷賢一さん

 第95回箱根駅伝(2、3日)で5年ぶりに優勝を逃し、2位だった青学大の原晋監督(51)は4日、TBS系の報道番組「ひるおび!」に生出演し、3区終了時点で勝利を確信して油断したことを明かした。2日の往路3区で8位でタスキを受けたエース森田歩希主将(4年)は区間新記録の快走で7人をごぼう抜きし、首位浮上。「その直後、多くの知り合いから『今回も優勝だね』というメールやLINEが来て『多分、大丈夫』と返信してしまった」と自戒を込めて明かした。

 また、過去のデータを重視すぎたことも反省。「これまでの12月の練習消化率を考えた場合、森田をエース区間に使うことは難しい」と判断したが、結果的には2区を走れた」と率直に話した。「これまでチャレンジを続けてきたが、今回は過去はどうだったか?と後ろ向きになってしまった」と冷静に敗因を分析。優勝した東海大と3分41秒差の2位。「采配ミス」があったと認めた上で「東海大さんが強かった」と優勝チームをたたえた。

青学大・原晋監督
円谷幸吉さんと君原健二さんを描く舞台「光より前に」稽古を見学した青学大の原監督(左端)。左2人目から木村了、宮崎秋人、和田正人、中村まこと、演出家の谷賢一さん
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請