【箱根駅伝】中大、11位で2年連続シード落ち 舟津、初の山下りに「人間の走るところじゃない」

苦悶の表情を浮かべ7区・関口(左)にタスキを渡す中大・舟津
苦悶の表情を浮かべ7区・関口(左)にタスキを渡す中大・舟津

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 往路15位からの巻き返しを狙った前回3位・早大は、復路7位と粘ったものの、総合12位。2006年(13位)以来、13大会ぶりにシード権を逃した。6区で順位を3つ上げ、アンカー・小沢は区間7位と奮闘も、ゴール直前、中大・川崎にかわされた。大正、昭和、平成と3つの時代で総合優勝したのは、43年連続88度目出場の早大と2年連続92度目出場・中大のみ。平成最後の箱根駅伝で、伝統校2校は次回、予選会に回ることになった。

 歴代最多の6連覇を含む最多14回の優勝を誇る中大が11位で2年連続シード落ち。復路を12位で出た6区・舟津が順位を1つ下げて流れを作れなかった。昨年は1区で区間12位。初の山下りに「人間の走るところじゃない」と脱帽し「設定タイムを超えてやろうと思っていたのに」と唇をかんだ。

 1、2年時に異例の主将を務めたが昨年の箱根後、主将を関口に譲り競技への集中を図った。昨年4月に1500メートル3分38秒65で中大新記録を樹立するも、夏に急激に距離を伸ばしたことで両膝を故障。10月の予選会も力を出し切れず「今までの人生で一番悔しい1年」と悔やんだ。藤原正和駅伝監督(37)も「走り込み不足。この1年やってきたことが(悪い方に)出た」と厳しかった。

 指揮官は舟津を再び主将に指名する意向。舟津も「今の状態を良くしてもう一度チームを作って行きたい」と力を込めた。4日朝6時の練習から再スタートを切る。(宮下 京香)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請