稀勢の里、高安に12連勝「いいんじゃないか」…新年初めての相撲

高安の右上手を引いて攻める稀勢の里(奥)
高安の右上手を引いて攻める稀勢の里(奥)

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が3日、東京・江戸川区の部屋で新年に入って初めて相撲を取った。

 弟弟子の大関・高安(28)に16番で14勝2敗。力強い立ち合いから一気に右上手を引いて寄り切る場面が目を引き、3番目からは12連勝した。

 九州場所の途中休場で、初場所(13日初日・両国国技館)では再び進退が問われるが「力を出し切れた。いいんじゃないか」と充実の汗を拭った。胸を合わせた高安も「右上手を取られると(横綱は)押し切れない。踏み込みが鋭かった」と兄弟子の復調を感じ取っていた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請