【箱根駅伝】国学院大、総合最高成績7位 11年“幻の8位”「寺田交差点」超え

過去最高の7位でゴールする国学院大10区・小中
過去最高の7位でゴールする国学院大10区・小中
11年、10区で国学院大・寺田(左)がゴール直前の交差点でコースを間違え慌てて追走した
11年、10区で国学院大・寺田(左)がゴール直前の交差点でコースを間違え慌てて追走した

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 国学院大が“幻の8位”を超えた。10区・小中は大手町でゴールだけを見つめ7位でフィニッシュ。「コースは絶対に間違えない。ちゃんと下見もしたので」。7年ぶり3度目のシード権獲得。11、12年の10位を超える総合最高成績だ。

 8年前に先輩がミスを犯していた。10区で4校がシード権3枠を争う激戦。当時1年の寺田夏生(27)=現JR東日本=がゴール手前約120メートルの交差点を中継車につられて右折した。コースを間違え11位に後退。猛スパートで1人を抜き、ギリギリで10位に滑り込んだ。ゴール後に「あぶねー!」と叫ぶ姿が注目を浴び、駅伝ファンの間では「寺田交差点」として語り継がれている。

 寺田のミスがなければ8位だった。8年の時を超え、アンカーを任された小中は「ここで曲がったのか…。ゴールが見えるのに、なんで?」と先輩の姿を思い浮かべながら“事故現場”を難なく力走した。8年前に冷や汗をかいた寺田は毎年、後輩の奮闘を生観戦。この日は6区から見守り「悔しい思いを晴らして元気をくれた」と母校の飛躍を喜んだ。

 チームスローガンの「歴史を変える挑戦」を体現し、主力が多く残る来年は3位が目標だ。主将の土方英和(3年)は「歴史を変える挑戦は始まったばかり。来年が勝負」。上位進出へ、道は一直線だ。(浜田 洋平)

過去最高の7位でゴールする国学院大10区・小中
11年、10区で国学院大・寺田(左)がゴール直前の交差点でコースを間違え慌てて追走した
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請