【箱根駅伝】法大、6位 目標の5位届かずも「力は出し切った」

小田原中継所で法大6区・坪井(左)が、土井にタスキを渡す
小田原中継所で法大6区・坪井(左)が、土井にタスキを渡す

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 6位の法大は10区で帝京大に抜かれ、目標の5位には一歩届かなかった。

 それでも6区区間4位の力走を見せた坪井は「目標を達成できず悔しい。でも、力は出し切ったので70~80点はつけられる」と前向き。坪田智夫駅伝監督(41)は「去年までなら良かったという声が上がっていたと思うが、今年は悔しいという思いが選手たちの中にあったし、流れが悪くなっても盛り返せる地力もついてきた」と手応えをつかんだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請