【箱根駅伝】蓮舫議員、母校・青学大2位でも「力を見せてくれました」

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 往路2位の東海大が往路優勝の東洋大を8区で逆転し、悲願の初優勝を飾った。2位は青学大、3位は東洋大だった。

 青学大出身の蓮舫参院議員(51)が3日、2位に終わった母校について「5連覇できなかったとはいえ、チームとして底上げする力を見せてくれました。来年の新たな目標に向け、頑張ってほしい」とコメントを寄せた。

 かつて民主党政権時代の事業仕分けで、世界一を目指すスーパーコンピューターの研究開発予算で「世界一でないといけないのか。2位じゃダメなんでしょうか」と発言し話題に。この日は自身のツイッターでも「勝っても負けても青山学院は青山学院」とチームの健闘をたたえた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請